資格を取ったら(取って)どうするの

おはようございます。連休も終わり、天気も良くてさわやかですね。さわやかにとても行ってみたいです。


さて、喜ばしいことに最近資格取得を目指す生徒さんが多いです。プロ生徒の上ですね。

サニーサイドでは、基礎講座受講中、プロ生徒、プロ生徒殿堂入り、講師(資格者)という皆さんでワイヤークロッシェを楽しんでおります。


「せっかく基礎講座を完走したんだからお免状が欲しいなあ」「販売したいなあ。ちゃんと技術は身についてます、という証拠に何か欲しいなあ」「先生になりたいなあ」と資格取得を目指す方が新しいコースに進みます。何をするかと言いますと、純銀の扱い方(※注)・初心者向けのレッスン作品とレシピ制作・自分で着けたいワイヤークロッシェアクセサリーの制作の3点に取り組んでいただき、きむらが合否の判定をするものです。

合格して講師資格を取りましたら、サニーサイドの基礎キットを使って講座が開講できる・サニーサイドのデザインを使って作品づくりが出来る・きむらの出展のヘルプや合同で催事に参加できる、講師価格で購入できる、などのメリットがあります。 (あっ、資格がなくても作品販売はできますよ!!)


一応、作ってきた12作品も再度チェックします。チェックポイントは『その作品を見本にして講座が開けますか』です。これはきむらが資格を取るときに師匠から言われた言葉です。とてもわかりやすく、気持ちも引き締まる一言です。


初心者向けのレッスン作品は、初めてワイヤークロッシェにチャレンジする人を想定して、2時間で完成するものを考えてみましょう。レシピはいつもきむらが作っているものをたたき台に、『私ならこうした方がいいと思ってたんだよねー』を盛り込んでいただいて。手書きでもOKです。先生になった気分で作ってみてください。

レッスンには、かぎ針やアクセサリー作りが初めての人も参加します。完成して「楽しかった!次回も参加したい!」と思えるように考えてみましょう。